1 COLOR BLOG〜season 2〜

Basketball player ISSHIKI SHOTA

#587 夢先生

(´-`)ノ

 

 

 

先日、茨城県鹿嶋市立三笠小学校へ「夢先生」として授業に行ってきました!

 

 

スポーツこころのプロジェクト

 

 

 5年生の2クラスを担当させていただきました。

この笑顔の教室は2つのブロックに分かれており、前半は体育館で「ゲームの時間」後半は教室で「トークの時間」

 

 

 

ゲームの時間

 

 f:id:isshikishota:20160611105506j:image

 

f:id:isshikishota:20160611105554j:image

 

f:id:isshikishota:20160611105608j:image

 

f:id:isshikishota:20160611105623j:image

 

 

 

トークの時間

 

f:id:isshikishota:20160611105724j:image

 

f:id:isshikishota:20160611105744j:image

 

f:id:isshikishota:20160611105806j:image

 

f:id:isshikishota:20160611105825j:image

 

 

ユメセンの授業を通して自分の伝えたい事を話すことはできました

 

 

 

どのように感じてくれたかは分かりませんが、子どもたちの成長や夢を叶えるきっかけになれば嬉しいです

 

 

 

これまでを振り返ってみて良い時ももちろんありました

 

 

 

ミニバスで県2位になった、中学でJr.オールスターに選ばれた、IHベスト8に3ポイント王、大学リーグインカレ優勝、プロバスケ選手になる事ができた

 

 

でもその前後には必ず底辺から這い上がるような大きな壁や困難がありました

 

 

 

5年生の時1年間0勝だった、Jr.オールスターで半月板損傷で手術、全国常連の高校で2年間全国に出れず辛すぎる練習のみの日々、大学入ってまた手術しレベルの高いリーグでなかなか試合に出れない、一度バスケから離れる、プロになってもまだまだ大きな成果は成し得てない

 

 

 

自信を得る事ができることのような成功体験や楽しいと思える瞬間の何十倍何百倍も多い失敗や辛く苦しい日々

 

 

 

大変な事の方が断然多いのになんでまだバスケットを続けるのか?

 

 

 

単純な事で、バスケットが好きで、小さい時に憧れたNBA選手のようになりたい

 

 

 

 

 

授業の準備をしながら、自分自身改めてこの思いを再確認できました

 

 

 

授業をやって本当に良かった

 

 

 

そんな夢先生でした

 

 

 

 

 

 

イッシキショータ